2016-11-28

放置していたロードをパパチャリ化する話(チャイルドシート購入編)

早速ポチる。

Avenir Snug Child Sheet

前回まで。

軽車両最速クラスのパパチャリ


パパチャリたるもの、やっぱり子供を載せて走りたい。ただし、ロードバイクのような自転車に付けられるチャイルドシートは、結構種類が絞られてしまう。そして大半がシートチューブにアタッチメントをつけて、そこからチャイルドシートを生やすタイプ。ただ、これが割りと高い。

Avenir Snug Child Seat


そこで見つけたのがこれ。

Avenir Kids OKB006AV Snug Siège de vélo pour enfant Vert/gris

もちろん、日本で買うと結構高いんですが。イギリスの自転車関連通販サイトのWiggleだと、セール価格で4000円以下!とりあえずポチってみました。

11月19日の夜(日本時間)に購入。ついでにロード用のチューブも安かったので購入。送料はケチって、一番安いものをチョイス。

Avenir Snug Child Seat

それでも、合計金額は5389円!かなり安すぎます。ただ、どうせ配送も時間かかるのかなと諦めていたのですが、翌日には発送されていて、しかもその翌日からはしっかりトラッキングもできました。

Avenir Snug Child Seat

発送から日本到着までが本当にスムーズで、通関も何なクリア。なんだかんだで11月24日は荷物が届き、1週間どころか4-5日でチャイルドシートがイギリスから届いてしまいました。素晴らしい。

Unboxing


Avenir Snug Child Seat

こんな感じの大きな箱で到着。機内持ち込みサイズより一回り大きなスーツケース2個分と言った感じでしょうか。ところどころ凹んでいて、長旅を想起させます。

Avenir Snug Child Seat

箱を開けるとこんな感じ。悪く言えばかなり雑な梱包でありますが、破損などは一切なかったので、とりあえず良しとします。

次回は、ロードバイクにチャイルドシートを取り付けます。

0 件のコメント:

コメントを投稿