2018-01-19

MacBook Airのバッテリーが死にかけてたので交換して延命させた

これで2-3年戦える・・・?
MacBook Air (13-inch, Mid 2013) バッテリー 交換

もうすぐ5歳のMacBook Airさん


私のMacBook Air (13-inch, Mid 2013)も、もうすぐ5才。最近、バッテリーがヘタってきて、突然死するようになってしまいました。とはいえ、Apple Storeにバッテリー交換を依頼すると、アホみたいに高い値段ふっかけられるので、 今回は自分でバッテリー交換してみることにしました。

私のMacBook Airのモデル名は?


バッテリーをいざ買おうとした時に、モデルによってバッテリーが異なるっぽいんだが、自分のMacBook Airのモデル名が分からないというオチ。
MacBook Air (13-inch, Mid 2013) バッテリー 交換
結論から言えば、MacBook Airの底に書いてありました。うちの子はA1466。「この Mac について」というメニューを開いてもわからなかったので困ってました・・・。
Ansanor 7200mAh バッテリー Apple MacBook Air 13 インチ 対応 A1405 A1466 A1496 A1377 2012 + 日本語 キーボードカバー A1405
で、これを購入。約5000円くらい。これでMacBook Airを延命できるのであれば安いものです。

早速交換


バッテリーは裏のカバーを外すと交換できました。
MacBook Air (13-inch, Mid 2013) バッテリー 交換
先程のバッテリーに付属しているドライバーでMacBook Air底面のネジをすべて取り外していきます。
MacBook Air (13-inch, Mid 2013) バッテリー 交換
フタを開けるとこんな感じ。ホコリまみれだったので、ちょっと掃除機で綺麗にしました・・・。その後、ロジックボードとバッテリーを繋ぐピンを外して、バッテリーを固定しているネジを付属のドライバーですべて取り外すと、バッテリーを取り外せます。
MacBook Air (13-inch, Mid 2013) バッテリー 交換
バッテリーと言っても、こんな感じの薄っぺらい感じ。それにしても、ロジックボード自体はかなり小さいんですね・・・。ほとんどバッテリー・・・。
MacBook Air (13-inch, Mid 2013) バッテリー 交換
そして、逆の手順で互換バッテリーを取り付けて終了。念のためNVRAM・SMCをリセットして、満充電してみました。交換後は特にトラブルもなく、フツーに使えてます。これであと数年は戦えるかな。

2018-01-17

SONYのWバッテリーの激安互換品を買ってみた

ラブパワーって読むんですかね。

RAVPower NP-FW50 互換バッテリー

RAVPower NP-FW50 互換バッテリー


なんとも言えないメーカー名ですが、SONYのWタイプのバッテリーの互換品を買ってみました。

バッテリーパック RAVPower NP-FW50 互換バッテリー 2個 + 充電器 セット ( 大容量 1100mAh / 8.14Wh USB 急速充電 ) アルファ a6000 , a7SII , RX10M4 など対応 RP-PB056 ソニー SONY リチャージャブルバッテリーパック NP-FW50

Amazonの販売価格でいうと、純正バッテリーはおよそ7000円。それに対して、RAVPowerの互換バッテリーは2個入りで3000円以下…。しかも、USB給電によるバッテリーチャージャー付き。うん…、安いですね。もちろん互換品のため、動作の保証とか、製品の保証とか、諸々アレなんですが、この値段なら、ちょっと試してもいいよね。

Unboxing


RAVPower NP-FW50 互換バッテリー

先ほども触れましたが、3000円以下のくせに、バッテリーは2個ついてるし、USB給電によるバッテリーチャージャーもついてきます。値段がおかしいですよね。チャージャーはいざという時の非常用として、車とかに忍ばせておこうかな。

RAVPower NP-FW50 互換バッテリー

純正品と互換品の比較。ラブパワー(笑)

RAVPower NP-FW50 互換バッテリー

すごい細かいですが、純正品は7.2V 1020mAhとありますが、互換品は7.4V 1100mAhと書いてあります。容量が大きいのはうれしいですが、ちょっと電圧が高め…。電圧値から察するに、リチウムイオン電池が直列で2個入っていることには変わりないと思いますが…。

使ってみた


手持ちのSONY NEX-C3に使ってみましたが、至って普通。特に警告も出なければ、バッテリー残量表示もちゃんとされてます。長期間使ってみないとわからない問題もあるかもしれませんが、今のところ問題なしです。

2018-01-15

JOBY Micro Tripodを買って普段持ち歩くカメラにつけっぱなしにしてみた

ちっさ!

JOBY Micro Tripod

JOBY Micro Tripod


お正月のAmazonのセールで衝動買いしてしまったパティーン。

JOBY ミニ三脚 ゴリラポッド マイクロ250 GP15 グレー 010959

「あ、三脚ほしい!」って思ったときに三脚が無いパターンって結構ありますよね。夜景とかブレずに撮りたいときとか。でも、その滅多にないタイミングのためだけに、三脚を常に持ち歩くのはバカバカしい。そこで、このMicro Tripodなわけです。

いざ取り付け


JOBY Micro Tripod

こんな感じでカメラの三脚穴に取り付けます。大きさ的にはかなりコンパクト。でも、脚の素材は金属製なので、思いの外頑丈そうです。

JOBY Micro Tripod

広げるとこんな感じ。小さいながら、三脚の材質と雲台の剛性感のお陰で、ガッチリとカメラを固定してくれます。今回取り付けたカメラは、SONY NEX-C3 SEL20F28を取り付けてますが、特に不安定な印象はありません。ちょっとした撮影であれば問題なく使えそうです。

ただし、弱点も


もちろん無敵というわけではありません。いまいま感じている最大にして唯一の欠点は、三脚を取り付けると、三脚穴付近のメモリカードスロットやバッテリースロットが塞がれてしまって、それらへのアクセスが悪くなることです。

たまたま、NEX-C3はメモリカードスロットもバッテリースロットもカメラ底面に存在するため、JOBY Micro Tripodを取り付けると厳しい感じになります。バッテリーは、三脚の足を動かせば交換可能ですが、メモリカードスロットに関しては、三脚を取り外さないと、スロットの蓋が開きません・・・。

まぁ、良いんです。可愛いもんです。(震え声)